教室集客が出来ない人の3つの口ぐせから学ぶべきこと

マインドセット

こんにちは。

飛常識な経営コンサルタント 高橋貴子です。

 

本日は、

「教室集客が出来ない人の3つの口ぐせから学ぶべきこと」

という内容にて、お話をしていきたいと思います。

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

教室集客が出来ない人の3つの口ぐせから学ぶべきこと

本日のテーマは、

「教室集客が出来ない人の3つの口ぐせから学ぶべきこと」

ということで、お話をしてみたいと思います。

 

教室事業をやっていく上で、集客ができるかどうかというのは経営の生命線となりますので、

そこにこだわる方は多くおられます。

 

私も当然、自分自身の事業について、集客できる状況に整えていくという部分は、

もちろん考えていることでもあります。

 

ただ、私がパン教室をやっている時に

教室事業の集客の仕組みとして私が最初から作りたいと思っていたのは、自動集客でした。

 

毎回のレッスンを、刹那的に集めるのとは違った形にしたかったのですね。

結果として、いつも終われるように集客をするような状況に陥ることなく運営ができていました。

 

もちろん、必要な時に必要な集客はかけるのですが、

毎月の単発レッスンの集客に追われる状況ではなかったのですね。

 

なぜなら、教室業で単発の集客を繰り返すということは

仕組みとして、とても難易度が高く、安定経営を目指す上では、やりにくいということを知っていたからです。

ですので最初からコース制で講座を組みました。

全レッスンコース制です。

私は、前職(パンこね機の営業職としてパン教室をたくさん訪問していた)ことの兼ね合いもあって、

単発の集客を毎回やっていて、苦労している先生がいたのを知っていたのですね。

 

今ではコース制を採用する先生も増えましたが、当時は単発レッスンの先生ばかりでした。

そして、それが集客を難しくしている要因だと感じていたのです。

 

毎月の集客は、それだけ大変なことなのですが、

だからこそ逆に、単発を集め続けている先生は、すごいと感じたりもします。

そういった単発の集客は、メニューによって左右されたり、お客さんのライフスタイルや属性にもよるのですが、

いずれにしても、不安定になりやすいという性質もあります。

 

先生の頭の中も、レッスン内容のブラッシュアップやリニューアルに神経を使うというよりも、

集客の方に神経が行ってしまいます。

 

そして、そういった集客できない先生には、共通する口癖があるなぁと感じるのですね。

ですので、その共通する言葉を、自分が使っていると感じている人は、

それをやめることで、今見えている世界が変わるのではないかと思い、今回のお話をさせて頂こうと思いました。

 

集客できない先生が良く使ってしまっている、3つの口癖とは?

それでは本題に入りたいと思います。

集客できない先生が、主に口癖で言っている言葉は、

 

1.集客できない

2.お金がない

3.時間がない

大体、この3つです。

 

少し苦笑いしてしまうのは、1つ目ですね。

集客できない先生は「集客できない」が口癖だったりするのです。

 

もしかしたら、これら全部を言っているという先生もおられるかもしれませんが、

私はこれらを、呪縛の3大言葉と呼んだりしています。

全て、「無い」という否定形で終わっているのが特徴ですね。

 

さて、私が「呪縛の3大言葉」と呼んだりしているこれらの言葉ですが、

これらの言葉を使うと、自分自身の記憶がさらに上塗りされて、

記憶と現実が定着していってしまいます。

 

それに、私自身が今、こういうお話をお伝えしようとしているだけで、

口頭でお話をしているわけですから、その言葉を使っているということで

実は私自身が、ちょっと残念な気持ちになったりしています。(苦笑)

 

言っているだけで自分のツキが落ちていくような感じがするのですね。

普段使わない言葉なので。

 

ですので、後から「天国言葉」と言われる、良い言葉を言っていくようにすることがポイントです。

 

このメカニズムは、流行っているラーメン屋さんと、流行っていないラーメン屋さんに例えられます。

人は流行っている方に行きますよね?

「集客できない」と言っている暗い感じのお店には、行かないのです。

 

専門のコンサルタントに話すときは、「集客できません」と言っても、

それは解決に向かって現状を相談しているだけですので、

使っても構わないのですが、普段の生活の中では、言わない方がいいと思います。

 

今の状況が良くなくても、「こういう活動をしているから、未来は大丈夫」といった、

明るい言葉で終わるクセを付ける方が良いのですね。

 

使う言葉によって、入って来るお金の流れが変わる

お金がない状態を作っているのは、過去の自分です。

そして、投資をして回収できる見込みがあるなら、今はお金が無くても大丈夫という事になりますよね。

 

今、ここで得ている知識で、今後、集客して収益があるとなると、

それは今現在、お金がないという状態とは、全く違うのです。

 

ですが、ただ自分の趣味で、

使っていい額以上に使ってしまった場合は、お金がなくなるのは当然です。

 

経営は値決めとも言われますが、レッスンの値段を決める時に、

お金が残る体質になっているかどうかも、重要なポイントです。

この差は当然、大きく影響してきますし、

さらに、それを残していくか、残していけないか?でも、変わってきます。

特に重要なのは、有益な形でお金を残すかどうかですね。

家族のために残したいという人もいますし、海外へ勉強にいくために貯めたいという方もおられます。

そういった積み立て的な形でやるのはいいですが、

のべつまくなしでどんどん使うと、無くなってしまうのは当然です。

 

お金がない状況というのは、自分がそうしているから無くなっている、

ということを自覚しなければいけません。

それで「お金が無い」という言葉を使うと、ますますお金が無い状態になってしまうのです。

 

 

呪縛の3大言葉と、逆の言葉が使えるようになると…?

教室業というのは、生徒さんの何かしらプラスになる、陽のオーラがある場所の方が良いですよね。

 

それなのに、その教室の先生が、

暗い言葉で話したりすると、そういう空気感を持つ先生になってしまいますし、

そういう暗い雰囲気の教室になってしまいます。

 

じつは、私にはある一時期だけ、集客ができなくなった時がありました。

仕事上ではなく、プライベートでマインドが折れたときに

同時にビジネスも崩れた、そんなとても辛い経験でした。

その際、心を許している友人にこの状況を話すと、

「そういう時ほど、嬉しい楽しいといった言葉を言ってください。」

「朝昼晩と、一日に3回言ってください。」

と言われてたのですね。

 

気の置けない友人なのですが、この言葉を聞いて

「こんな楽しくない、嬉しくない状況で、そんな言葉は言えない」とも思ったりもしました。

 

ですが私は、もともと素直に実践するタイプの人ですので、やってみたのです。

20日ほど実践すると良いと言われましたが、まずは10日ほど実践したのですね。

 

そうすると、朝昼晩、毎日、明るい言葉を言っている訳ですから、

暗い顔でそんな言葉を言うのは、気持ち悪くなってくるのですね。(苦笑)

すると自然に、顔も明るくなります。

もちろん、集客に必要な対策については、すべきことをきちんと努力も同時に行いました。

その結果、どんどん好転するところもあって、結果的には

集客が止まった時点よりも、さらに高く飛躍することができました。

 

否定的な言葉を使う人は、否定的な顔になっていきます。

いつも思い悩み、眉間にしわが入っている感じになるのですね。

そうすると、お金もないし、より暗くなっていってしまうのです。

 

時間がない、というのも一緒です。

せわしなくて忙しい、追い詰められた感は、余裕が無い雰囲気になります。

そして、そういう所に人はいかないのです。

 

充実した忙しさは、にぎやかでエネルギッシュな感じがするが、

疲れた忙しい大変、といった忙しさのところに人は来ません。

 

もし現状で厳しくても、そういった時の自分の感情を自分に認めさせないというのが、私の持論なのですね。

 

私は仕事柄、事業も上手くいっているエネルギッシュな方とお話することが多いですが、

そういった方は、私が「呪縛の3大言葉」と呼ぶ、これらの言葉は、まず使いません。

 

その結果、同じように使わない人が周りに集まってきて、より良い状況になっていきます。

 

愚痴っぽい人には愚痴っぽい人が集まるようになってしまい、

ますます状況が悪くなる、という事ですね。

 

いずれにしても、呪縛の3大言葉は使わない方が良いです。

こういったマインドが整っていないのに、

「インスタグラムはこう使う、ツイッターはこうやるといい」といったノウハウを手に入れても

根底が「無い、無い」という気持ちだと、よくない状況を引き寄せてしまう結果となるでしょう。

 

よく集客できている先生が使っている言葉は、

呪縛の3大言葉とは真逆なのです。

 

「ありがとう」「嬉しい」「楽しい」「持ってる=ツイてる」

という、明るくて楽しい、綺麗な言葉を使っている人が多いのですね。

そうすると、思考が全て良い方向で整っていきますし、

付き合う人のレベルも変わってきます。

 

 

あなたの捉え方で、未来は大きく変わってくる

私は、いろんな男性経営者の方と話したりもしますが、

上手くいっている方は、マインドが一定で、上下に心が振られないという共通点があります。

 

あまり、男性がこうで女性がこう、といった話はしたくありませんが、

女性は、感情に振られる部分も結構あったりして、それによって事業にも差が出てくる事があったりします。

 

私自身はなるべく、感情の度合いを一定にするようにしているのですが、

たとえどれだけ悪い方に振れても、できる限り短時間で戻せるように、心がけています。

 

もちろん、時に変な人に会うこともありますが、

いかに自分が早くリカバリーするかに注力しているのですね。

 

感情の振れ幅が大きい人は、それがそのまま事業の成績に繋がりますので、

感情を一定に保つのも重要です。

こういった部分は、自分がどう捉えるかも大切です。

 

たとえば私は、私のコンサルタントさんに、

「こういう状況でこうしようと思う」という話をした時に、アドバイスという形でお返事をもらう事もありますし、

「その方法は、あまり良くなかったよね」という、改善についての話もあったりします。

 

そういった時は、「初動はこうした方が良かったでしょうか」といった話をして、今後に活かすのですが、

その時にポイントになるのは、自分自身の捉え方ですよね。

 

改善のアドバイスと捉える人は、「ありがとうございました」となりますし、

怒られた、叱られたと捉える人もいます。

本来はアドバイスとして考えるべき事なのですが、捉え方が違うと、

「自分はダメだと言われた」など、自分の中に籠ってしまう感じの人も多いですし、

人格否定されたと感じる人もいたりします。

 

感情論に走りがちな人は、人の言葉をそう捉えがちになります。

口では「ありがとう」と言っても、腹の底で落とし込みができていないので、

自分自身が成長ができないのです。

 

自分軸の中において、受け止めなくてはいけない事もあります。

それは、決して自分が否定されたということではなく、

改善すれば良いだけですので、前向きに捉えていけば良いのです。

 

教室集客が出来ない人の3つの口ぐせから学ぶべきこと まとめ

今回のお話をまとめますと、

「集客できない」「お金がない」「時間がない」という、3大呪縛言葉を使うタイプの方は、

今よりもさらに悪い状況になっていく、負のスパイラルに陥ってしまうという事ですね。

 

ですので、まずはその言葉を使わないようにしてみるのが良いと思います。

たとえば、言いそうになった時に口を塞いだりすると、

自分が普段、どれだけそういった言葉を使っているか分かります。

 

その部分を整えないと、どれだけ良いノウハウを知っても、上手くいかず、

自分自身の中に浸透しないのです。

 

ご自身のマインドをきちんと整えて、使わない言葉は使わないようにする方が良いと思います。

私は、自分の人生に責任を持つことを、いつも大切にしていますが、

自分の人生に責任を持っている人ほど、こういう言葉は使いません。

 

教室集客が上手くっていない方は、

ご自身が普段、どういう言葉を使っているかという状況をチェックしてみてくださいね。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

ピックアップ記事

関連記事一覧