教室開業時に絶対に把握しておきたい○○○

起業・開業

本日は、

「教室開業時に絶対に把握しておきたい○○○」

という内容にて、お話をしていきたいと思います。

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

教室開業時に絶対に把握しておきたい○○○

本日のテーマは、

「教室開業時に絶対に把握しておきたい○○○」

ということについて、お話をしてみたいと思います。

 

絶対に把握しておきたい〇〇〇について、後ほどお伝えをいたしますが、

最近、色んな方と日々セッションを行っているのですね。

 

はじめてセミナーでお会いした方や、クライアントさんなど様々なのですが、

みなさんからお話をお伺いしていくにつれて、

そうかと気付いたことがあったのですね。

 

特に、起業当初、そこを外すと後が大変という内容ですので、

今回はそちらについて、お伝えをしたいと思います。

 

教室開業時に絶対に把握しておきたい○○○とは・・・

では、それは一体何かという部分について、お伝えします。

教室開業時に絶対に把握しておきたい〇〇〇というのは、

現在地です。

 

え、そんな事?と思った人ほど、

自分の現在地が分かっていない可能性が高いです。

これは、何かの本かYoutubeで見たので、出典元が分からないのですが、

砂漠では水がないとダメですので、オアシスがここだよと、

地図を渡された旅人がいたのですね。

 

ではその旅人は、倒れてしまう前にオアシスにたどり着けるかどうか、

というお話だったのです。

結果、辿り付けていないのですが、それは何故かというのが話のポイントです。

 

もちろん、オアシスが遠すぎたというのもあるかもしれませんが、

辿り付けなかった理由は、みなさんも無意識にやっていることです。

 

それが、現在地の把握です。

 

地形の地図も、オアシスの場所も書いてあるのですが、

現在地が分からないので、自分が今、どこにいて、

一番近いオアシスに行くには、右なのか左なのかが分からないという状態です。

現在地が分からない事には、地図があってもたどり着かないですね。

 

これは結構、大事な話です。

地図があっても、自分がどこにいるのかが分からなければ、

ほぼ辿り着くことはありません。

この話は、私がセッションする際に、

これから起業をされる方だけではなく、大きく伸ばしたい方や、

自分がどちらに行くのが良いか分からないと迷っている人にも、

同じようにお伝えをしています。

 

上手くいかないのは、現在地が把握できていないからです。

なので、ちゃんと現在地が記された状態の地図を持つことが大切になります。

 

私は、地図を見るのは苦手ではありませんが、土地勘がない場所の場合、

電車から降りて、どの出口を出たら会場が近いかというのを確認する際、

コンビニなどの目印がないと、現在地が分からなくなることもあります。

 

現在地が分かるかどうかというのは、

行きたいところへ行く上で、ものすごく大切なのですね。

 

自分と違うと思ったら、土台の違いに目を向けてください

現在地が分からない人は、未来の予測値があったとしても、

辿り着く方法を見つける事が難しいのですね。

場合によっては、無駄な努力になってしまう可能性もありえます。

 

では、現在地の把握はどうやって把握すれば良いのかというと、

みなさん起業時に、これがあった方が良いと思っていることや、

用意した方が良いと思っているものがありますね。

 

その時、私のコンサルを受けている人は、

何をやれば良いのかがわかる状態になります。

ですが独学でやっている人は、分からなくなってしまって、潰れてしまう人が多いですね。

つまり、客観的に見てくれる人がいるというのは、

現在地の分かる地図を持っている状態だということです。

 

たとえば、満席が続く教室になることが目標だとすると、

起業したことがない人は、ゴールまでのルートが分かりません。

 

年商1000万円を稼ぐ、満席にする、というのは地図です。

そして、あなただったら、どういうアプローチをすればいいのかというのが、

現在地の把握です。

そういった現在地が分かる地図がないと、上手くいかないのです。

 

では、私が皆さんの現在地をどう把握しているのかと言うと、

起業する前の人であっても、現在地が把握できます。

驚かれるかもしれませんが、起業前のゼロベースの方でも、分かります。

 

たとえば、教室の先生になりたい人は、

パソコンが得意な人か、そうではない人なのかに分かれます。

これだけでも、道が大きく変わるのです。

 

パソコン関係が苦手は人は、地上戦という、

どぶ板営業と呼ばれる方法でやっていくしかありません。

 

会社員からの転職など、パソコンが使える状態の場合、

空中戦が得意だということになります。

ですが、地上戦はあまり得意では無かったりもします。

そうすると、両方ができる人が、一番早く成功します。

私がそのタイプです。ガテン系ですね。

だから私は結果が出るのが早かったのです。

 

失うものが、そもそも無い状態でしたし、

お金の部分でマイナスになるものはありますが、恥などもありません。

できる事を分析して、知らない事はやらないと分からないから、

当たって砕けろの精神でやってきました。

 

その結果、最短で結果が出て、資金面でもマイナスにはなりませんでした。

 

ですので、なぜあの人は上手くいくのかと疑問に思ったら、

土台が違うかもしれない、という部分を考えた方が良いでしょう。

 

現在地が分からないと、必要な努力の量も分からない

教室業の先生の中には、不安からか、必要以上の資格を取る人もいますが、

それよりも、現在地が分かるようなコンサルタントに付く方が良いです。

 

これは、私がコンサルタントだから言うのではなく、

現在地が分からない以上、進み方も、努力の量も分からないからです。

 

教室業の先生は、集客にInstagramをやる人が多いのですが、

私は、ブログやYoutubeなど、財産になる方法を以前からずっと伝えています。

これは、最初の3年、5年は時間がかかるのですが、やがて集客が自動化され、

楽になっていくのですね。

私はその思想を、会社員の頃からコンサルタントの先生に学んでいたので、

知っていました。

そして実際に、実践もしていた訳です。

 

具体的には、起業するために、

9ヶ月くらいブログを書いて準備していたのです。

時には、1つの記事に4時間や5時間をかけて書いていました。

 

それによって、見てくれている人との信頼関係が生まれ、

その状態があっての開業だったので、最初から満席だったのです。

 

信じてもらうには、発信をするしかありません。

当時は、ホームページとブログだけで集客していましたが、

ずっと続けてきたのは、自分の現在地を知っていたからです。

 

私の場合、ファン作りがスタートでした。

それを9ヶ月かけて準備してから、開業しています。

 

よく開業時の失敗について、何かないか聞かれますが、

それだけ準備をしてからの開業だったので、あまり失敗がないのですね。

とにかく、会社で疲れて帰ってきても、

読んでもらって役に立つ記事を、毎日書いていました。

当時は会社員で、顔出しもできなかったので、

その条件で、頑張って書き続けていたのです。

 

その当時、学んでいたグループの仲間たちは、物販の起業家が多く、

ものすごい量の記事を発信していましたので、

集客するためには、それが最低ラインだと知っていたのですね。

 

なので、集客に疲れたという人も見かけますが、

どれくらいブログを書いているのかというと、週に1回だったりするので、

それでは全然、甘過ぎると思ってしまいます。

 

そういった最低ラインを知らないというのは、

そもそも現在地を分かっておらず、成功までの距離が見えていないからですね。

 

なので、全く足りていない努力で、ダメだと諦めてしまうのです。

 

現在地を把握し、足りないものを補っていく

私はまず、クライアントさんの現在地を把握します。

そして、持っているスキルで、活かせるものは活かします。

活かせるものがないという人は、自分の分析が浅いです。

自分は平凡だったので、何もないですという人もいますが、

これから教室業の先生になって、商売にしたいと言っているのに、

自分には何もないというのは、どういう事なんですか、とも思います。

そんな教室に、果たして人は来るのでしょうか。

 

なので、自分自身の深堀は、最低限やらないといけません。

 

講座の内容や、メニューのラインナップなどを最初に出してくる人もいるのですが、

自己満足の教室は、そのレベルの教室になってしまい、潰れてしまうでしょう。

 

なので私は、辛口でもなんでも、

現在地をはっきりさせることを、最初にお伝えしています。

 

その際、最短ルートをお伝えするようにもしています。

もしクライアントさんが、最短ルートでなくても良いという場合は、

それに合わせたゆるやかな方法をお伝えしています。

すべて本人次第です。

 

それを理解せず、

あの人はどんどん進んでいるのに、私は遅いですという人もいますが、

それならあなたもギアを変えたら良い、というだけの話ですね。

どんどん進んでいる人は、驚くほどの量の努力をして、動いているという事です。

こういった現在地の把握は、起業当初だけではなく、

自分のブランドを変える、リブランディングの際にも必要になります。

なので、まず自分のスキルや経験について把握する必要があるのですね。

 

そして、自分が何を提供すれば良いのかを理解した上で、

足りない部分のスキルを身に付けるための学びをしたらよいです。

 

特に教室の先生は、技能のレベルアップのための資格ばかり取る傾向もありますが、

30万円をそのために使うなら、同じ30万円を経営の方にも使った方が良いと思います。

その方が、バランスが取れて良いからです。

 

教室開業時に絶対に把握しておきたい○○○ まとめ

今回の内容をまとめますと、

「教室開業時に絶対に把握しておきたい○○○」

というのは、現在地です。

 

現在地が載っている地図ですね。

そして、その地図の使い方を教えてくれるメンターも必要かなと思います。

ぜひご参考にしてみてください。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

メールマガジン登録