教室集客の成功の分かれ道「今の仕事をするのか、未来の仕事をするのか」

集客メソッド

こんにちは。

飛常識な経営コンサルタント 高橋貴子です。

 

本日は、

「教室集客の成功の分かれ道「今の仕事をするのか、未来の仕事をするのか」」

という内容にて、お話をしていきたいと思います。

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

教室集客の成功の分かれ道「今の仕事をするのか、未来の仕事をするのか」

本日のテーマは、

「教室集客の成功の分かれ道「今の仕事をするのか、未来の仕事をするのか」」

ということについて、お話をしてみたいと思います。

 

ここのところ、クライアントさんが年度の締めという事で

一年間を振り返ったり、成果の報告を受けるといったセッションが続いています。

 

今年度は、コロナがあった年ということで、

通常なら売り上げが落ちるという事になると思いますが、

今、継続でセッションしているクライアントさん達は、

去年より売上が伸びる結果となりました。

今年度の目標もすでに達成している状態で、

残り2か月でさらにどれくらい売り上げを伸ばせそうか、といったお話や、

翌年への準備を指示するというセッションになっています。

 

このクライアントさんたちとお話をしている時に感じたのが、

わたしがいつもクラアントさんに伝えている思考、思想についてです。

 

それは「自動集客」という内容なのですが、

それをキチンとこなして内容を構築していくのは、

一過性より地味で大変な作業となります。

 

そもそもトライする人が少なかったり、途中で挫折する人が圧倒的に多いのですね。

ですが、今回のセッションでお話をしていた3人が、

それをできた理由というのが、いくつかあるのです。

 

そこで今回は、そちらのクライアントさんの共通点から、

未来の仕事とはどういう意味なのか?という事について、お話をしていきたいと思います。

 

アドバイスの内容を、しっかりとこなしている事

まず、クライアントさんの3人が、ちゃんと自動集客ができていて、

売上目標も達成できている要因は何かというと、

わたしのアドバイスを素直に実践してくださっていることです。

 

「そんなことが理由なの?」と驚かれるかもしれませんが、(苦笑)

これは、アドバイスをしても実践できない方も多く、

実際は自分に負けてしまう方がほとんどなのです。

 

その中で、きちんと言われたことを実践された方は、

結果が出ているという状況になっています。

 

アドバイスの内容も、決して突拍子もない内容ではなく、

その方の成長の度合いに合わせて、

1.2倍から1.3倍くらい頑張ろうか、という目標設定になっています。

 

2倍頑張らないといけないとなると大変ですが、

1.2倍や1.3倍という内容でアドバイスしているのですね。

 

そこが達成できたら次、というイメージです。

 

その方がそれを守ってくれさえすれば、上手くいく道筋を私はアドバイスしており、

アドバイスの仕方も、できている人が特別に良いという事ではなく、

同じ温度感でお伝えしているのですが、やる人とやらない人がいるだけなのです。

 

アドバイスを素直に実践する人については、

未来から見た今を作る指標をお伝えしていますので、

それを信じてついてきてくれるかどうかで、結果が違ってくるという事になります。

 

裏返して言うと、自分で調べて、もがいて、自分の頭の範疇だけでやり過ごそうとすると、

自分で知っているものでしか答が出ない状況となります。

 

ですので、未来から見ている人じゃないとアドバイスできないのですね。

そして、なぜ私が未来からのアドバイスができるのかというと、

わたし自身が実践し、ずっと先を行っているからです。

自分で経験しているので、伝えられるのです。

 

その指標をもらえる人、あるいは、なにかしらご自身が信じる人からのアドバイスを受けて、

自分がその方向に向けて進むというのは、とても重要なポイントです。

 

一人で考えて上手くいくというのは、難しくなってきたと感じています。

 

特に今年のような不測の事態が起こった時は、

クライアントさん全員に、わたしがあらゆるところから情報を集め、

教室業の先生のために加工し、アドバイスをいたします。

 

それを実践された方は、みなさん増益、増収をしています。

ですので、現在のような混沌とした時代には、メンターと呼ばれる存在が必要なのですね。

 

やると決めたら、継続してやり続ける

2つ目は、やると決めたことを、継続にやり続けているという点です。

 

地味に継続するのは、とても難しい事です。

わたしの場合は、10年にわたってブログを継続しており、動画も7年続けています。

他にも、写真20年など、何年も継続して続けているものがあります。

 

これは、その時のモチベーションや気持ちに左右されないで、

淡々とやれるかが大事なのですね。

そういった淡々とこなすことが、ビジネスの基礎を作る上でポイントとなるのです。

 

そして、そのためには意志の強さが大事です。

きちんとやっていく。

「自分との約束を守る」、という意志の強さですね。

 

そこを守り切るとどうなっていくか?という未来の姿をわたしは知っていて、

そこから逆算した今についてアドバイスをしているので、

結果として、集客も収益も、売上も伸びるのですね。

 

嬉しかったのが、メンバーの中でも特にきちんと実践できている方がいるのですが、

その方から、集客量をご自身で生活のリズムに合わせてコントロールできるようになった、

というご報告をいただいたことでした。

 

わたしも、集客の質や量をコントロールしながら売り上げを作っていくタイプで、

どういう企画を作って、今だったら何人くらいが動くかを見てプロモーションしていってます。

 

たとえば、今回の新企画のリリースは、200万円くらいの売上が欲しいなと考えて動いて、

ほぼ、それに近いプロモーションができており、

だいたい2日くらいでその数字が見えている状況です。

 

基礎土台がある事で、そういった集客の伸び縮みもコントロールできるようになります。

 

先述のクライアントさんも、これまで頑張り続けており、

今は立ち止まって来期の仕事をやりましょうということで、

未来につながるように、いったん今の仕事を休止して、

他のものを上げていきましょう、

という事をコントロールして動いています。

 

何故それが可能なのかというと、そのクライアントさんが、

「ブログを1本書くと、受注や問い合わせが入るのが分かっている。」

という状態だからです。

 

積み上げた信頼があり、書けば売上が上がるのだから、

売り上げが欲しいなら書けばいいだけ、

という事ですね。

ブログはやめないけれど、成果と効果が分かっている状態だという事です。

 

少し話が逸れますが、

コピーライティングの力はとてもすごくて、

クライアントのみなさんにもお伝えしているのですが、

ブログを書くといくら売り上げが上がるとかまで予測がつくようになります。

(※私も実際にそれは実体験として持っています)

 

そして、わたしはどちらかというと、

ビジュアル系のブランディングを得意としています。

ですので、ウェブデザインが他の方より得意という事で、それを売りとしているのですが、

売上に関わる中で、そういったビジュアルと並んで重要なのが、文章です。

 

場合によっては写真がなくても、文章がしっかりしていれば、売上が上がられるのですね。

 

わたしは文章の添削もしているのですが、

売上や予約が欲しい時の文章が書けるようになると、

文章によって売上のコントロールもできるようにもなりますので、

それもみなさんにやっていただいています。

 

パン教室を運営している時は、

イベントレッスンの文章なども書く機会が多かったですが、

この文章をアップしたら、何時間で何人の予約が入るかも予測して、書いていました。

 

ビジネスを始めたばかりの頃は分からないのですが、

ある程度まで対策を積み重ねると、数字が見えるようになっていましたね。

だいたい、何時間後に埋まるかといったところも、ほぼ予想通りでした。

 

ただしこの文章は、煽ってはいけなくて、

必要な人に必要なものが届くかどうかが大切です。

それを知った状態で書けるかどうかもポイントですね。

 

そのためには、自分が救いたいお客様や、

来てほしい方をどれだけリサーチしているかが鍵となります。

ですのでまず私は、どういう対象の方に提供する予定なのかを聞いて、

その上で文章を添削します。

 

その際、この内容では、生徒さんに欲しがられないだろうなという添削になった方は、

やはり少し調査が足りなかったという状況だったりするのですね。

 

すでに生徒さんがいる場合は、その生徒さんの声を反映すれば良いだけですので、

それも大きな分かれ道になるでしょう。

 

少し話が逸れましたが、結果を出している方に共通する2つ目のポイントは、

ちゃんとみなさん、基本のルーティンを継続をしているという事になります。

 

データをしっかりと把握している

3つ目のポイントは、数字をちゃんと把握し、

その数字の意味も理解した上で、不足するところに対してのアクションを、

わたしと相談して実践しているという点です。

 

データをちゃんと取っている訳ですね。

 

サイトにどういう人が訪問しているか、という情報を共有して一緒にやっていると、

その先の傾向も見えますので、こういう改善をしましょうといった話をしています。

 

数字には感情がありません。

つまり、事実しかそこには出ないのですね。

 

今月はちょっと気分が乗らなかったので何もしてない、となると、

数字はそのまま0となる訳です。

 

このように、数字で見るデータというのには、

感情がなく、問答無用でやった事がでる分かりやすい指標ですので、

そこをしっかり把握し、自分がどういう状態なのかを認識しておく必要があるのです。

 

それによって、未来の数字が見えてくるのですね。

 

今年度、売上をしっかりと伸ばしていったクライアントさんに共通する、

大きな要因はこの3つとなります。

 

今の仕事は、今のための仕事ではない事を、認識していますか?

仕事というのは、3ヶ月後、6か月後、できれば1年くらい先に、

どれくらいの売上を出しているのかを考え、

そこから逆算し、どんなイベントをやっていくのかというように、

未来から、今の仕事をやれるようになる必要があります。

 

今の仕事は、未来に設計した仕事をしている、

という事です。

 

そうすると、今の数字は、過去の遺産という事になります。

今、追いかけるべき数字は、3ヶ月、6ヶ月、あるいは1年後の数字なのですね。

 

今の数字は、今、頑張ってその数字を達成するためにやる、というのではないのです。

 

たとえば、「今月、目標に足りないから頑張ろう」というように、

今のために、今、頑張るとなると、余裕もありませんし、そもそも簡単には埋まりません。

今、足りないから、今、仕掛けるという告知方法をやっていると、

疲弊して、疲れてしまい、しかも集客できないという三重苦の状態になるのです。

 

これを解消するのは、ただ一つ。

未来の仕事をやることです。

未来の仕事を今に入れないといけませんので、一時期の間は、2倍の負担になります。

そこを乗り越えられるのかも、大きなポイントなのです。

 

ご自身をチェックする際のポイントとして、

今の仕事を、今やっていませんか?という部分は、とても重要なのですね。

 

翌月の仕事を今やっていないと、来月また同じ苦しみが続いていくこととなります。

どこかの段階で全体を構築して、

1年間の仕事をどうするのかという体制作りをしていく必要があるのですね。

 

その際にも、やはり「決められたことをキチンとやり抜く」

というのは、大きなポイントになります。

 

その礎が、自動集客ということですね。

 

クライアントさんには、そのための具体的な手法として、

ブログと動画をやってくださいとお願いしているのですが、

努力を積み重ねていると、過去の記事がお客さんを引っ張ってくるようになりますので、

成約率も上がってきます。

 

これを長期体制でやっている人は、安定してきます。

 

教室集客の成功の分かれ道「今の仕事をするのか、未来の仕事をするのか」 まとめ

今回の内容をまとめますと、

教室集客の成功の分かれ道「今の仕事をするのか、未来の仕事をするのか」というのは、

今の仕事を今するのか、未来の仕事を今するのか?という二つに分かれます。

 

その決定的なポイントは、「未来から見た今を作る」という逆算思考になりますので、

ずっと今の仕事に追われていると感じる方は、

ご自身の行動をチェックして、体質を変えていくようにされると良いのではないかなと思います。

 

ぜひご参考にしてみてください。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

メールマガジン登録

タイトルとURLをコピーしました