仕事をうまく回すコツはモチベーションを上げないこと?!

マインドセット

こんにちは。

飛常識な経営コンサルタント 高橋貴子です。

 

本日は、

仕事をうまく回すコツはモチベーションを上げないこと?!

ということについて、お話をしていきたいと思います。

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

モチベーションを上げない方が、成功しやすい?

本日のテーマは、

仕事をうまく回すコツはモチベーションを上げないこと?!

について、お話をしてみたいと思います。

 

実は私は今、サックスを習っています。

教えてくださっている先生なのですが、今回、私が2冊目の本を出版をすることにって、

左が旧作、右が新作になるのですが、両方セットでプレゼントしたのです。

その時にいただいた先生のご感想で、

この話が目から鱗だった」というポイントについてのお話を聞かせていただいたのですが、

それは、前作の方についてのお話になります。

 

そのポイントのお話については、男性に響くことが多かった部分です。

もちろん、女性にも良く「目から鱗だった」と言われる部分でもあるのですが、

その話とは、、、

【お仕事する上で、モチベーションはあげない】というお話です。

 

 

モチベーションに左右されると、仕事にムラが出る

【飛常識】という言葉には、常識を飛び超えるという意味を込めて使っています。

 

常識的には、「仕事はモチベーションを上げないと上手くいかないよね」となりますが、

逆説的に、飛常識な考え方では、「モチベーションは上げない」ということになります。

 

それがどういう意味なのかを解説したいと思うのと同時に、

成功している人がどういう状態で仕事をしているかも、あわせてお伝えしたいと思います。

 

まず、モチベーションというのは、感情に左右されるという事があります。

当然、女性は「感情の人」であるケースが多いので、

モチベーションが感情に左右されることが多くなります。

 

ただ、モチベーションが上がると、

自分が思っても見ないパフォーマンスが出せることもあるので、

決して、悪い事ではないのですね。

問題になるのは、「上げたモチベーションはその分下がる事もある」という部分です。

つまり、モチベーションが高い時は仕事ができて、低い時は仕事ができない、

といったような、上げ幅と下げ幅が大きいと、パフォーマンスが安定しなくなるのです。

 

自分で独立自営していると、「楽しくないから仕事が思うように進まない」となった時に、

それである程度、淡々とこなさないといけない部分もありますよね。

 

分かりやすい例で言うと、

・ブログを毎日書く

・Youtubeへの投稿を上げていく

といった作業です。

 

これらの作業が、「今日は、気分が乗っているからやろう」「今日は、気分が乗らないからやめよう」

というのは、やはり上手くいきにくくなります。

 

気分で仕事のパフォーマンスが左右されるので、

「気分が乗らないとやらない」「今日は気分が乗るのでやる」

というように、ムラが出てしまうのですね。

 

 

成功している人は、中庸を意識している

やっぱり、成功している人は、コツコツ、ルーティン作業をやっています。

それをやれるかどうかというのは、成功する上で大きな問題になるのです。

モチベーションを上げた時だけ上手くいく人は、やはり長続きしませんので、

どういう風に扱うと良いのかというと、「モチベーションを上げない」

ということをやっていくと良いと私は思っています。

 

このお話をすると、「では、ずっとネガティブなままで仕事するんですか」

と聞く方もいらっしゃるかもしれませんが、そういうことではありません。

 

感情によるモチベーションの振れ幅を小さくして、一定を保つ方が、

上手く良きやすいという事なのです。

 

その状態をどう作るかというと、「中庸」という考え方をすることです。

マクロビオティックや薬膳、といったお料理をやられている方は、馴染みがあるかもしれませんが、

物事には全て、陰と陽があって、その真ん中が中庸だという考え方です。

つまり、どちらかに偏るのはあまり良くない、という考え方ですね。

 

たとえば、女性と男性も、陰と陽だと言われますし、

太陽と月も、陰と陽で表現されます。

どちらかにより過ぎるのではなく、

できるだけ真ん中の中庸が良い、と言われている考え方ですね。

 

お料理で言えば、食べ物にも陽性、陰性というのがあるので、

陰性ばかりのものを食べている人は、陽性のものも取り入れましょう、

といった考え方をします。

 

中庸というのは、このような感じで、真ん中の位置を保つということになるので、

事業が安定していく大きな要因となります。

 

お仕事が上手くいく人というのは、

前向きでガンガン行く人というだけではなく、

「モチベーションを上げなくても仕事が上手くいく」という方に多いのです。

 

一定で、平静を保った状態で、外界に左右されない状態で運営していく方が、

どちらかというと価値があるのですね。

 

仕事をうまく回すコツとモチベーションのまとめ

感情に振れて仕事の量が変わる人は、

それが原因で売上が変わってしまうことも多かったりします。

 

こういった、モチベーションに左右されずに淡々と仕事をするという部分で考えると、

男性と女性では、男性の方が淡々とできる人が多いと思います。

 

女性の方が、感情に振れていく人が多いという印象です。

私は、女性の事業を支援するコンサルティングをしているので、

実際に良く、その傾向を感じますが、

これは、「感情を入れない」のではなく、それに振り回されると、仕事が安定しないので、

できるだけ外界に左右されないで、一定にする、という事ですね。

せひご参考いただければ幸いです。

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

ピックアップ記事

関連記事一覧