予約がピタッと止まった時に最初に見直したい3つのポイント

集客・成約

こんにちは。

飛常識な経営コンサルタント 高橋貴子です。

 

本日は、

「予約がピタッと止まった時に最初に見直したい3つのポイント」

という内容にて、お話をしていきたいと思います。

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

予約がピタッと止まった時に最初に見直したい3つのポイント

本日のテーマは、

「予約がピタッと止まった時に最初に見直したい3つのポイント」

ということについて、お話をしてみたいと思います。

 

ビジネスをやっていると、いろんなシーンがあります。

順風満帆に上手くいっている時もあれば、それがピタッと止まる時もあったりしますね。

 

それらの状況が起こっている要因としては、いろんな要素が入ってくるのですが、

今回は、「予約がピタッと止まった時に見直すチェックポイント」についてお伝えするのと同時に、

それに対して自分がどう対処していくかという、対処法もあわせてお伝えをしたいと思います。

 

わたしの経験を含めてお伝えしていきますので、ご覧になってみて頂ければと思います。

 

原因は、過去の良かった時の自分と比較することで見つかる。

予約がピタッと止まるという現象については、そもそも、

予約が入っていたという経験がないと、その感情になることもありません。

 

ですので、まず現状で予約が入っていないという方は、まずは予約を入れることからになるのですが、

予約というのは、勢いに乗ったり、それまでの努力が実って、ババっと入る時があるのですね。

 

それらは、ある程度まではコントロールできるのですが、

予約するかどうかを選ぶのは、お客様のタイミングになってきます。

 

そんな予約の減り方、減速の仕方というのは、

徐々に減るのか、どーんと減るのかは別として、

世の中の事象がからむこともあったりしますね。

 

たとえば、地震や大雨などです。

 

ですが、教室業というのは東日本大震災のような、

日本列島的な内容になれば別ですが、

中国からの輸入が止まる、といった事で止まってしまう

輸入物販ビジネスなどと比較すると、

まだマシな方です。

 

とは言え、予約が止まる時には止まるなりの原因というがあります。

そして、それらの原因は、過去の自分と今の自分を比較することで、探ることができるケースが多いのです。

その際の着目点は何かというと、とても単純な話として、「数」「数字」なのですね。

 

数字、数に着目することで、予約が止まるという事象の原因がわかり、解決する事が多いのですね。

 

ですので、そもそも数を把握していない方は、原因がわからなくなってしまいますので、

普段から、ある程度は「数字」「数」に着目しておく必要があります。

 

原因1.返信の速度が落ちている

まず一つ目ですが、あなたの返信の速度です。

お客様への返信の時間が短い、速いということですね。

意外なようですが、これがポイントになることもあります。

「返信の早さなんて関係ないのでは?」と思う方もおられるかもしれませんが、

これは、タイミングの悪い人は本当にタイミングが悪い、という事実もあるのです。

 

返信の速度は、成約率に貢献してくるものなのですが、

お客様の「欲しい」というボルテージが速いうちに返信することで、めでたく成約となるケースがあったとして、

返信が遅い方は、一番欲しい時の気持ちのピークが落ちてきた時に、返信するような形になるのですね。

 

そうすると、「まあ、いいか」といった事になり、

成約率が1/3や1/4に下がってしまったりするのです。

 

ですので、過去の自分と今の自分を比べる時に、

「返信の早さ」を比べるのが、一つ目のポイントになります。

 

前はちゃんとお客様を優先して返信していたのに、

忙しくなってきて、できなくなってきている場合は、成約率が下がることに繋がるので、

その意味で、予約が入りにくくなるという要因が出てきます。

 

まず最初にチェックすべきは、レスポンスの早さですね。

 

原因2.ブログやSNSの更新頻度

二つ目は、記事のアップといった更新頻度です。

ブログでもYoutubeでも良いのですが、毎日毎日アップしているものがあるとして、

その頻度が下がると予約が少なくなる、というケースは、けっこう多いのですね。

 

たとえば、毎日ブログを書いていたのが、1週間に1度になってしまったり、

3ヶ月お休みをしてしまったり、などなどです。

要は、できていたことができなくなった時、ドッと予約が減るという事ですね。

 

これは、自分でじわりじわりと減らしている人は、感じにくい場合もあるでしょう。

 

ただ、ブログというのは積み上げ型の集客方法ですので、

過去に書いた記事の中に、すごくアクセスの多い記事がある、いう場合もあるかと思います。

 

ですが、ブログを始めて3年以内の方の場合、まだ安定していないので、

ブログを書くのをやめるとピタッと予約が止まることが多いです。

 

なぜこのように、現実味を帯びた感じで語れるのかというと、

私自身がそれを経験しているからなのですね。(苦笑)

 

わたし自身のプライベートの部分でいろいろあった時のことですが、

その際、起業して初めてブログを書けなくなったのです。

 

それまで毎日毎日、ずっと更新をしてきたのですが、

その時は、自分自身の内に抱えているものがドロドロしていると、

それが文字に乗ってきてしまう感覚もあって、書けなかったのです。

 

1ヶ月半ほどになりますが、精神状態を元のように整えるのに、かなり苦労をしたのですね。

具体的には、ブログの更新が、1週間に1回といった頻度に減りました。

 

そうすると何が起こったのかというと、実はその時は予約はそんなに落ちないのですね。

皮肉なことに結果が出るのは3ヶ月後くらいになるのです。

 

4月くらいにその現象に陥って、困った事件が起こったのは7月でした。

それまで止まったことがない予約が、起業して以来はじめて、ピタッと止まったのです、

予約が全く入らない時期が1ヶ月ほど続いたのですが、今思い出しても脂汗が出るような衝撃でした。

 

原因をいろいろ考えた結果、一番の違いは、ブログの更新をしなかったという一点だけなのですね。

ブログを更新しなくなってしまった時期でも、

予約が入り続けていたのは、

それまでブログを書いていたからです。

 

つまり、良い成果も悪い結果も、やった作業に対して結果が出るのには、

タイムラグがあるという事です。

だいたいのケースでは、2~3ヶ月後に落ちます。

特に3年以内の方は顕著で、やらなくなった途端にピタッと止まったりしますね。

ですので、起業して3年は、ブログなどは更新し続けなくてはいけないと思います。

 

当時の私は、初めて予約がピタッと止まってしまったという事で、

売上がゼロになり、日々の自分のお金のコントロールをせざるを得ない状態になりました。

飲み会、美容院などには行かず、スポーツジムも解約するといった、

ギリギリの緊縮財政という状況でした。

 

ただ、ドンと下がって、その後ドンと戻したので、

1年のトータルで見ると、毎年、右肩上がりという結果にはなったのですが、

途中の6ヶ月で、下がる、上がるという振れ幅がとても大きな1年ではありました。

 

8月以降、数字回復のために死に物狂いでやったということですね。

その結果、79日間ずっと予約が続くという状況となりました。

 

こういったブログの更新といった作業は、

調子が悪くても耐えて頑張り続けると、数ヶ月後には成果が出てきます。

タイムラグがありますので、ズレて動けるかが一つのポイントだという事ですね。

 

 

原因3.レッスンなどイベント立ち上げのスパン

3つ目は、レッスンの立ち上げのタイムラグです。

これも「数」に寄与するのですが、

体験型のセミナーやイベントレッスンなどが多いと、予約は当然、入りやすくなります。

これをやめるとどうなるのかというと、新規の方と会う機会が減ってしまいますので、

予約も入らなくなってしまいます。

 

私の場合は、メルマガも出してはいますが、

やはり生の声の方が伝わることも多いですので、セミナーを開催します。

 

しかし、その開催の数が減ると、新規の方と出会う機会も減っていきます。

 

先ほどのブログの更新といった記事もそうですが、

イベントレッスンやセミナーの開催についても、やはり「数」なのですね。

つまり、接触頻度をいかに増やせるかということなのです。

 

出会う人との数が減れば、予約は入らなくなっていきますし、

接触頻度が減ったり、飽きられてしまうと、継続していきません。

そのスパンのタイムラグが長いと、じわじわ減ってきたりしますね。

 

ですので、ホームページも半年に1度くらいは手を入れないと、退屈に感じられたりしますし、

わたし自身の場合で言えば、ヘッダーのデザインを定期的に変えるといったことを、やっていました。

 

ですので、3つ目のポイントとしては、イベントの立ち上げのスパンを短くする、ということですね。

この辺りも、予約が減ってきた時に考えたいポイントです。

 

行った施策に対して、タイムラグがあることを覚えておきましょう

先ほども少しお伝えをしましたが、ブログなどなど、更新頻度に関することは、

その結果が出るまでに、ズレが生じます。

つまり、予約が増えてきて、忙しくなってきて、ブログの更新をサボったりすると、

その3ヶ月後くらいに予約が減ったりする、ということです。

 

ですので、どれだけ忙しくても、

ルーティンでやっているものは止めない方が良いですし、

自分自身の内面が崩れていたとしても、それは世の中の人たちには見えません。

 

世の中の人達には、ただ「止まっている」という事実があるだけですので、

3ヶ月後に予約が減る、といった現象が起こります。

 

こういった「数」というのは、ご自身の状況をチェックする上でとても大切な指標ですので、

普段から、数を意識して動くのがポイントになるかと思います。

 

予約がピタッと止まった時に最初に見直したい3つのポイント まとめ

今回の内容をまとめるますと、

予約がピタッと止まった時に、最初に見直したい3つのポイントというのは、

 

1、返信速度が遅くなっていないか?

2.ブログ更新の頻度が下がっていないか?

3.イベント立ち上げの頻度が減っていないか?

 

これら「数」「数字」について、

以前の良かった時の自分と比べて考える事で、

下がっていた状況が、良くなるケースもあるかと思います。

 

そもそも、それを考えないで良いように、手を止めない事が重要なのは、

言うまでもありません。

 

どんな精神状態であっても、忙しくなったとしても、

ルーティンでやるべきことは、関係なくやり続けるのがポイントかなと思いますので、

ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

メールマガジン登録

ピックアップ記事

関連記事一覧