「こんな私ではまだまだダメだ」と思っているあなたが1歩踏み出せる思考法

マインド

本日は、

「「こんな私ではまだまだダメだ」と思っているあなたが1歩踏み出せる思考法」

という内容にて、お話をしていきたいと思います。

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

「こんな私ではまだまだダメだ」と思っているあなたが1歩踏み出せる思考法

本日のテーマは、

「「こんな私ではまだまだダメだ」と思っているあなたが1歩踏み出せる思考法」

ということについて、お話をしてみたいと思います。

 

こんな私はまだまだダメという台詞は、一体どういうシーンで言われるのかというと、

教室の先生が、新しい講座をリリースする時や、

新しい事業にチャレンジする時が多いかなと思います。

 

こんな私ではまだまだダメなので、もっと勉強してからトライする、と言って、

チャレンジのシーンを先送りする方がおられるのですね。

 

今回は、そういった方と何人か連続してお話して、

感じた事がありましたので、そちらをお伝えしようかなと思います。

 

チャレンジする人の方が、美しい

まず、こんな私ではまだまだダメと思っているあなたが、

一歩踏み出す事を考える際、

先に結論を言うと、踏み出して、恥をかいて、転んでまた立ち上がって進むのが、

一番成長が早いと思います。

 

こんな私はまだまだダメと言っている人は、

立ち上がって、突っ込んで、転んでケガして、前に進んでいる人と比べると、

臆病だなと感じますし、

挑戦し、転んでいる人の方を大きく称えたいと思っています。

 

チャレンジすることに価値がある、というのが私の考えだからです。

 

そんなチャレンジしている人を馬鹿にしたりする人は、

実は自分に枷を付けてしまっている事に気づいた方が良いと思うのですが、

失敗したってチャレンジする人の方が偉いなと、わたしは感じているのですね。

 

そして、転んで失敗しても、そうやってチャレンジする人の方が、

夢を掴むのは早いとも感じます。

チャレンジは、やらないよりやった方が良いと思います。

 

安全な場所で批判するだけの人、になっていませんか?

もっと成長してからやります、という人について、

では、その大丈夫な時期はいつ来るのでしょうか?とも感じます。

 

つまりこの言葉は、一見すると謙遜しているようで、

その人の方がプライドが高いことを示していると思っているのですね。

失敗したり、人に批判されるのが嫌だという事です。

 

わたしの例で言うと、2つあるのですが、

一つは作家として本を書くことについてです。

 

電子書籍に加えて、商業出版は4冊目、5冊目がもうすぐ出るのですが、

誰かのために頑張って書いた本について、感謝してくださる人もいる一方、

Amazonのレビューでは、その個人の価値観が入った批判がされる事もあります。

 

たとえば、その人にとっては少し回りくどいと感じたという事であったり、

他にも、以前の本には普遍的な内容について書いたりもしたので、

それはウェブ上でもわかる、といったレビューもありました。

 

その人の目線から見ると、そうにしか見えないのだろうと思います。

ですが、もしその人が本を書けるかというと、それはできないでしょう。

なぜなら、人を攻撃する人ほど、人に攻撃されるのは耐えられないからです。

 

本を書く作家として、どこを見ないといけないのかというと、

喜んでくれる人を喜ばせられるようにすれば良いのです。

一定数はどうしても、アンチと呼ばれる人が存在します。

そこにフォーカスしなくて良い、という事ですね。

 

自分が嫌いだなと思うものは、わざわざ言う必要もなく、

心の中で思っていたら良いのですが、それを書いたり言ったりするのですね。

 

この心理が私には分からないのですが、

みなさんの場合、SNSに書いている文章になったりするのかなと思います。

それによって人から批判されたりすることも、あったりするかもしれません。

 

もし本当に酷いことを言ってしまっていた際、

真っ当な有識者のコメントは、聞く方が良いかもしれませんが、

人に言われたことで自分軸がぶれる人は、無難なことしか言わなくなってしまいます。

 

本など、想いを伝える際には、

そういった一定数から批判されるのも分かっていて出していますし、

何よりわたしは、本を喜んでくれる人のために書きたいと思っているのですね。

 

バックグラウンドも理解してくれる人が、必ずいる

あなたの講座、あなたのサービスを喜んでくれる人がいるなら、

その人のために動く方が、価値があるのではないかと思いますし、

そういったチャレンジする人を批判する権利なんて、誰にもないと思います。

 

自分は綺麗な状態で高みの見物をしている人は、

勇気がなくプライドが高いと感じます。

 

わたしのもう一つの例は、サックスです。

現在でサックスをやって3年半になるのですが、

もちろん最初からうまかった訳ではありません。

 

49歳になって、サックスにチャレンジしようと思ったのは、

出版記念の余興にしたら、みんなに喜んでもらえると思ったからです。

チャレンジする姿をみなさんにも見てもらえたらと思い、

3ヶ月で、暗譜をした状態で、ステージに立てるかどうかに重きを置いたイベントです。

 

なので、その内容と事情、状態を知っている人や、

どれくらい楽譜を読めない状態が辛いのかという事を知っている人もいてくれましたが、

それを丸ごと覚えて、チャレンジすることは諦めなかったのですね。

 

なので最初から、

もしみんなから下手だよねと言われても良いと思っていたのです。

それは、そもそもチャレンジする姿を見せたいと思っていたからです。

 

ちなみに、わたしのサックスの先生に言わせると、

3ヶ月でバックバンドを付けて舞台に立って、暗譜で4曲を演奏したという人は、

今までいません。よく頑張りましたね、と言っていただきました。

 

こういった言葉は、わたしの状態を知っている人からの評価ですね。

そういう状態からやったのが、一番最初のライブツアーでした。

 

これが3年半経って、上手くなってきた時に、

その3年半の成長を見てきた人に、

「最初の頃は、こんなレベルで人前で演奏するんだと思った。」

と言われたりもしました。

 

つまり、一方の人は、音としてどうかというクオリティで見ている訳ではなく、

チャレンジとして見てくれた人とですね。

 

プロの音から比べて下手だと捉えてしまうのか、

背景が分かった上で聞けるのかで、違いが出てきてしまうのです。

 

上手くないよね、と通り一辺倒で考える人は、

自分がチャレンジする際に、ものすごく動きにくいだろうなと思います。

自分で自分の首を絞めることになるからです。

 

チャレンジする人を、盛大に応援します

わたしは、自分自身がそういう背景も見る人なので、

できない人が、とにかくがむしゃらに頑張ったというのを、

盛大に褒めてあげたいと思っています。

 

わたし自身は、ヘタだったからこそ、見せる必要がありました。

やればできるという事を見せ続けることが信念だったので、

その時にどう思われても良いと思っていました。

 

注意しなくてはいけないのは、

こんな状態で人に見せられないと思っているのは自分だという事です。

 

自分がその考えで、人をそういう目で見てしまうので、

自分がチャレンジしようとする時に、臆病になってしまうのですね。

 

それを乗り越えて踏み出す一歩は、人生に大きなインパクトがあると思います。

ですので私は、チャレンジを盛大にやった方がいいと考えています。

 

少し余談となりますが、わたしはフィギュアスケートも見るのですが、

羽生結弦選手も見たりするのですが、フリーで4回転半にあの状態でチャレンジした精神力は、

賞賛でしかなかったですね。

 

あの状態でチャレンジしに行くというのは、涙が止まらなかったです。

その時に改めて、チャレンジする人はただ美しいと感じました。

 

誰がどういう状態であっても、限界値まで挑戦する人は、

老若男女を問わずに応援しますし、

そんな人に対し、自分は綺麗な位置にいて批判をするのは、

いかがなものかなとも思っています。

 

 

こんな私はまだまだダメと思っている人は、

まず一歩、出てみてください。

 

少なくとも私は、チャレンジしたあなたを100%応援しています。

 

わたしの場合は、サックスの先生が二人いたり、

バンドで助けてくれる人がいたり、

一生懸命やっていると、応援してくれる人もいます。

 

まず一歩を踏み出すことが大切だと思います。

 

「こんな私ではまだまだダメだ」と思っているあなたが1歩踏み出せる思考法 まとめ

今回の内容をまとめますと、

「「こんな私ではまだまだダメだ」と思っているあなたが1歩踏み出せる思考法」

というのは、

人の事は気にしない、自分が信じてやると決めた事をやる。

 

その信念が一つあったらいいと思います。

わたしはそんなチャレンジするあなたを、120%応援しています。

 

ぜひご参考にしてみてください。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

メールマガジン登録
タイトルとURLをコピーしました