人がやらない面倒くさい事をやるだけで集客は格段に楽になる

web集客

こんにちは。

飛常識な経営コンサルタント 高橋貴子です。

 

本日は、

「人がやらない面倒くさい事をやるだけで集客は格段に楽になる」

ということについて、お話をしていきたいと思います。

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

人がやらない、面倒くさい事…とは?

本日のテーマは、

「人がやらない面倒くさい事をやるだけで集客は格段に楽になる」

について、お話をしてみたいと思います。

 

「人がやらない面倒くさい事」というと、ちょっと語弊があるのですが、

これは、決して、「無駄に親切に、生徒さんの下僕のように働く」といった意味ではありません。

 

要は、視点を変えることがテーマとなってきます。

 

ここ最近、本当にいろいろな教室が増えてきています。

教室業は特に、いろんな方がいらっしゃいますよね。

 

そんな中で、「選ばれる教室になる」ということを考えた時、

どこにでもある、ありふれた普通の教室だったとしたら、そこに行く必要はない、

他の場所でもいいですよね、

ということになってしまいます。

 

こういった部分は、「弱者の戦略と強者の戦略」(ランチェスター戦略)といった言われ方もしていて、

やるべきことが、全く違ってきます。

例えば強者というのは、資金があって、全国展開でき、宣伝力もある企業のことですが、

特徴としては、生徒さんの年齢も幅広く受け入れることができますし、

なにより、「全国で画一された内容を教えられる」というのが強みとなります。

 

この「画一的なサービスを提供する」というのが、強者の戦略でのテーマになってきます。

 

逆に、個人事業といった弱者の戦略は、

選んでもらわないといけないので、選ばれる理由を作る必要があるのです。

 

同業他社がやっているのと同じレベルだと、人は振り向かないのですね。

そこで、「人がやらない面倒くさいことをするかどうか」というのが、ポイントになるという訳です。

 

 

人がやらない面倒くさい作業とは、具体的にこういう事

私のやっていたパン教室の例で言うと、7つの天然酵母を使うというのが、一つの人気メニューでした。

 

「同じ先生に、7つの天然酵母をいっぺんに学べる」というのも強みだったのですが、

教えて実践運営をする私の方からすると、7つの酵母を一人で管理しないといけないというのは、

決して、楽なコースではなかったのです。

冷蔵庫の中は、いつも酵母だらけでした(苦笑)

他にも、自家製酵母もやったりしていましたね。

いちごやレーズン、リンゴもやったりとか、実験でいろいろ作っていました。

 

その結果、我が家の冷蔵庫は、パンに占領されていた状態です。

ただ、自宅の目の前にイオンがあるので、それを「我が家の大型冷蔵庫」と呼んで、

お世話になっていましたね(笑)

 

そういう状態だったので、作る方、教える方としては面倒だったのです。

しかしその分、その内容に価値を感じてくださって

飛行機や新幹線で学びに来られる生徒さんもいて、人気の教室となったのですね。

 

それと同時に、人がやらない「集客」の部分で言うと、

人がやらない事で、自分の教室を目立たせるために、Youtubeを使っていました。

こういった動画を使った対策は、今でも続けていますが、

当時は、今よりももっと、やっている人が少なかった状況でしたので、

目立つ状況を作るのは、難しくなかったのですね。

この動画を使った集客の対策は、「顔を出すのがイヤだ」という方や、「面倒だ」

という方も多いです。

教室業では、今でもそのような動画に対して、やりたくないと思う教室の先生が多いのですが、

その人が同じことをやらない限りは、

自分が有利のままの状態が続くことになります。

これも、人がやらないめんどく臭い事の一つですね。

 

相手のことを思って、手間暇をかけることがポイント

他にも「人がやらない面倒くさい事」としては、アナログの手はがきといったものもあります。

最近では、LINE@を使った集客も流行っていますし、

そういったライトな形で繋がるのも、一つの対策ではあるのですが、

逆に、アナログの手書きのお手紙が見直されたりもしているのです。

 

私自身は、去年からニュースレターを始めているのですが、

これは、コストもかかりますし、発送のシールを300通ほど貼る作業では、

2時間くらいかかってしまいます。(苦笑)

 

 

他にも私は、笑い文字というのも練習していて

それを手紙に書いてお送りすることもあるのですが、

こういった「人がやろうとしない面倒くさいこと」をやるのが、

結果として集客を楽にしていくポイントなのです。

 

その中で特に大切なのは、「その方のためを思って、できることをやる」という気持ちなのですね。

 

集客に関して、何がどう転換して、勝手に集客できる状況になるかというと、

信頼関係が作れているかどうか」にかかってきます。

 

人が面倒だなと思うようなことをやると、お客さんにとってインパクトになりますし、

信頼関係を作っていく事にもつながるのです。

 

人がやらない面倒くさい事というのは、なにも「Twitter炎上」など、そういう事を言っているのではなく、

お客さんが喜んでくれるような、一歩先のことをやれるかどうかが大事だという事なのですね。

 

 

人がやらない面倒くさい事をやる、のまとめ

これらのことを考えた時、やはり、「すでに人がやっていること」は、そんなに感謝されないし、感動もされません。

 

誤解して欲しくないのは、点数稼ぎでやるというのではなく、

お客さんがやって欲しいと思っていることがあって、それを、普通の人は大変だからやらない、ということを、

あえて「面倒くさい事」と、今回は表現してみています。

 

余談ですが、昔こんな話を聞いたことがありました。

コンサルタントか実業家の父親を持つ子どものエピソードで、

父親が子どもに2000円を渡して、

「これを元手に増やしてみて」ということをやったそうなのですが、

子どもは、まずスコップを買ってきて、おじいちゃんおばあちゃんの雪かきを手伝って、1万円にしていった、

というエピソードがあったのです。

 

これは、まさに、「この父親にして、この子あり」というか。

ビジネスの本質を突いているエピソードだなと感じます。(笑)

 

教室業の場合、もう他人がやっていることは、頭打ちになってしまっています。

ですので、人がやってない面倒くさいと思われることに、人気になれる答えがあるという事ですね。

 

人がやっていない、求められているサービスは何かを考えてみることで、

新たなアイデアや、現状を打破する突破口となるかもしれません。

 

集客を楽にするには、人がやっていない面倒くさいことをやる。

ぜひ、ご参考になさってみてください。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

ピックアップ記事

関連記事一覧