教室開業時・独立後3年以内の先生に必要なWEB集客ツールとは?

web集客

本日は、

「教室開業時・独立後3年以内の先生に必要なWEB集客ツールとは?」

という内容にて、お話をしていきたいと思います。

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

教室開業時・独立後3年以内の先生に必要なWEB集客ツールとは?

本日のテーマは、

「教室開業時・独立後3年以内の先生に必要なWEB集客ツールとは?」

ということについて、お話をしてみたいと思います。

 

最近、独立後3年以内の教室の先生から、

多くご相談をお受けしています。

 

7年や10年以上のベテランの方も多いですが、

まずは教室開業をされて3年続いているだけも良い、という部分もありますね。

 

というのは、やみくもに動いていると、

1年なんてあっという間に過ぎてしまいますし。、そのまま集客できずに廃業される方も多いからです。

 

今回は、そんな開業3年以内の先生が、

さらにそこから売上を伸ばしたり、安定して集客したいとなった時に必要となる、

重要なツールというのがありますので、そちらについてお話をしていきたいと思います。

 

これから先の、将来のお話としてご参考ください。

しっかりと作り込まれたランディングページが必要になります

まず、3年以内の先生にとって必要なwebツールと一言に言っても、

実際にはたくさんあります。

 

その中でも絶対に用意して欲しいのが、

・ランディングページ

・ホームぺージ

この2つです。

 

この2つを持った上で、それに絡んでSNSを整えていく、

という順番で、商品設計、導線設計をしていく必要があるのですね。

 

それではまず、ランディングページとは何かというと、

いわゆる申し込みページです。

サービスに申し込んでもらうためのページですね。

 

主に1ページで構成されていて、上から順に読んでもらう形となります。

ポピュラーなのが、ペライチですね。

先生としてしっかりやりたいなら、有料プランが良いですが、

最初は無料プランで、お試しでやるのも良いでしょう。

 

中には、

わたしはアメブロやInstagramに申し込んでもらっています、

という人もいらっしゃいますが、

しっかりしたランディングページを持つというのは、かなり意味が違ってきます。

 

ちゃんとしたランディングページがあると、

そこに置いておくことで、内容が良ければ勝手に申し込まれたりもします。

 

ですがSNS関係は、基本的には自分が発信しないと申し込まれにくいですね。

アメブロも悪くはないのですが、

ブログの中に入っている申し込みページと、

独立したランディングページでは、信頼性や格が違ってきます。

 

また、デザインやレイアウトも、制限がありますね。

 

申し込みページというのはとても重要で、

その出来の良さで未来が大きく変わってきます。

 

私のクライアントさんで、30万円や50万円といった高額講座を持っている方は、

そのページを読んだだけで申し込まれる、という状態となるように作り込みますので、

文字量も多く、写真もキチンと撮ったものを見せていく構成になります。

 

そうすると、かなりの財産になる訳です。

 

そういった、インパクトが強く、申し込みに繋がるランディングページは、

必須になってきます。

そうすると、そのための知識が必要となってきますね。

 

パソコン自体の操作は難しくないのですが、

ちゃんと知識を身に付け、売れる中身になっていないといけません。

特定の一人に対して、ものすごく欲しいという状態になっていないといけない、

という事です。

 

そのためには、

自分ができること、時代のトレンド、他者との競合、相手がもの凄く欲しいと思うもの、

といった情報に加え、それらを含めた上でのカラーリングやデザインを整える、

というった知識が必要となります。

 

わたしのクライアントさんの場合ですと、

50万円の商品を扱っている方も多いですが、

10人に売れば500万円になりますね。

 

内容が良ければ、1000万円という売上も見えてきますし、

置いておけば自動集客のような状態にもなってきます。

 

そういった強力なツールが、ランディングページです。

ですので、ちょっとSNSで書くだけの内容とは、全くレベルが違う状態になってきます。

 

教室業を安定して続けていきたい方は、

独立後3年で、この技術を持っておく方が良いと感じます。

 

わたしもランディングページの作り方を教えていますが、

ここまでご説明をしました通り、高度な技術となりますので、

習得には時間がかかります。

 

ですが、これを自分で作れる先生と、そうでない先生では、

大きな差が付いていく事になります。

 

全体設計されたホームぺージも必要

ホームページとランディングページの違いは何かというと、

ランディングページは、申し込みをもらうだけのページとなります。

 

そうすると、ランディングページは何枚か持っている状態になるのですね。

Aという商品、Bという商品、Cの商品と、それぞれランディングページを持っておく必要があります。

また、Aという講座を、全く別の属性のDやEといった人に売ろうとすると、

それもまた別ページで作って、整えないといけません。

 

そうすると、ランディングページはどんどん増えていきます。

わたしの場合、ランディングページだけで50枚くらい持っていますね。

 

全部を見せている訳ではありませんし、

動いているものと動かしていないものがありますが、

毎年、お年玉パックについては、コピーをしたりして使っています。

 

それに対してホームページは、

教室概要やブログを、メニューバーなどに載せて総合的に見せる形となります。

 

そして、ホームページは自分の顔となりますので、

一気にすべての情報を見ることができるように、

全体設計を整えて作っていく必要がありますね。

 

このホームページについても、しっかり作り込まなければいけなくて、

それなりにハードルが高いです。

 

リビング起業アカデミーの、アドバンスという講座で、

わたしがワードプレスも教えていますが、

ホームページをしっかり作り込むと、それこそ自動販売機のような状態になっていきます。

 

2年や3年という時間はかかりますが、

しっかりと作り込んでいく事で、自動集客と呼ばれる状態になるのですね。

 

全体設計もしっかりしないといけないのですが、

教室の先生はそういうのが苦手な人が多いので、やれば圧倒的に差が付くでしょう。

 

業者さんに作成をお願いされる方もいらっしゃいますが、

これは業者さんが悪いという意味ではなく、

まずあなた自身が、ご自身の事業について理解し、

しっかり指示できる状態になっていないと、良いホームページは作れません。

 

150万円といった金額を業者さんに支払って、

残念なページになってしまっている方も実際にいらっしゃいます。

 

確かに写真も多く、見た目は綺麗なのですが、

コンセプトがないので、お客さんの心に全く刺さらないのですね。

結果、見た目だけ綺麗で、集客ができない状態となります。

 

ですので、ある程度は自分でできるように学んでから、

プロにお願いするというのが良いでしょう。

 

ご自身の成長と共に、良い状態を作っていくのがホームぺージとなりますので、

3年が過ぎて次の段階へ行く、という時には、

ランディングページとホームページの両方を持っていた方が良いと思います。

 

SNSの効果的な使い方とは?

では、SNSはどのように使うのかというと、

どちらかというと、ご本人の人柄を認知してもらうのに使うのが良いです。

 

関係を深めるツールとして、メルマガやLINE登録もありますので、

SNSは申し込みをもらうというよりも、

まず相手との関係性を深めるのに使う、というのが割と正解ですね。

 

その際、ランディングページに来て欲しい人の属性の人と、

仲良くなるように情報発信をする方が良いです。

 

ランディングページに30代の人を集めたいにも関わらず、

SNSではもっと上の年代や、社会人の人が反応するような投稿すると、

ミスマッチになって集客できなくなるからですね。

 

なので、ランディングページやホームページ、SNSなどなど、

どれを見ても、同じ人に対してサービスを展開しているという、

一貫性がある方が良いです。

 

教室開業時・独立後3年以内の先生に必要なWEB集客ツールとは? まとめ

今回の内容をまとめますと、

「教室開業時・独立後3年以内の先生に必要なWEB集客ツールとは?」

というのは、

1.ランディングページ

2.事業内容全体がわかるホームぺージ

こちらになります。

 

この二つを整えた上で、SNSなどで人に見てもらえる状態を作っていく、

という流れですね。

その際、一貫性を持ってSNSを発信していく方が良いでしょう。

 

一度、ご自身のWeb集客の導線を再確認してみて頂ければと思いますので、

ぜひご参考にしてみてください。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

メールマガジン登録
タイトルとURLをコピーしました