女性起業家には知ってて欲しい、売上アップとWEB運用の原則 5つのメソッド

マーケティング

 

 

こんにちは。

飛常識な経営コンサルタント 高橋貴子です。

 

本日は、

女性起業家には知ってて欲しい、売上アップとWEB運用の原則 5つのメソッド

ということについて、お話をしていきたいと思います。

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

女性起業家に知っていてほしい、数字の話とは?

本日は、

女性起業家には知ってて欲しい、売上アップとWEB運用の原則 5つのメソッド

というお話をさせていただきたいと思います。

 

女性起業家の方は、全員という訳ではないのですが、どちらかと言うと、

数字やデータというのが苦手、という印象があります。

メインで教えている教室について、経費や原価がどういう形でかかっているのかをお尋ねした時、

即答できるという女性起業家の方は少なく、あまりちゃんと計算していない人が多いのですね。(苦笑)

 

かなりのどんぶり勘定でやっていて、

そういった教室運営に必要な、売上や利益率といった数字の話をすると、

おおおお…と、ちょっと引いてしまう人が多くおられます。

 

今回、お伝えした内容は、そんな数字が苦手な女性起業家の方にだからこそ、

ぜひ知っておいていただきたい内容になります。

 

なぜなら、数字を把握し、理解することが、上手な経営をしてくためのポイントだからです。

なので今回は、その基本となる、ウェブ運用と売上アップについてお話をしていきたいと思います。

 

 

売上アップ、5つの原則

これからお話をさせていただく、売上アップの5つの原則という内容は、

実際にビジネスを立ち上げ、事業をやり始めてからの方が理解しやすいと思うのですが、

もし、このお話を初心者の方が聞いているという場合、

「この話はビジネスを動かし始めてからやってみます!」ではなく、

初心者だからこそ、ビジネスを動かす前に、最初から知っててほしいと思います。

 

なぜなら、それを知ってて動くかどうかというのは、時間や体力、お金などの、

無駄打ちが減るからです。

 

それではまず最初に、売上アップの原則についてお伝えいたします。

次に、それをウェブ上で運営するには、どうするのが良いのかについて、

ご説明をしていきたいと思います。

 

私自身がコンサルタントとしてアドバイスしている内容はもちろん、

教室集客を実際にやってきた経験も併せてご紹介をいたしますので、

ぜひ、ちゃんとビジネスを軌道に乗せたい女性起業家の方は、ご覧いただければと思います。

 

原則1.新規顧客を増やす

それでは、売上アップの5つのメソッドについてご説明をしていきますが、

売上をたてる、アップするために必要な

一つ目の原則は、

「新規顧客を増やす」

こちらになります。

これは当たり前のことと言うか、みなさん知っていますし、頑張る部分ですね。

 

原則2.流出顧客を減らす

これは、すでにいる生徒さんが来なくなることを防ぐ、という事になります。

どこかに行ってしまうのを防ぐという事ですね。

 

これは、自分の教室に縛り付けるという事ではなく、

「どこかに行ってしまう」というのは「全く来なくなる」ということです。

もし他所の教室にも通っていて、自分の教室にも来ている状態なら問題ありません。

自分のところには来なくなって、他の所に行ってしまう、

というのを防ぐ必要がある、という事です。

 

原則3.購買頻度を上げる

購買頻度を上げるというのが3つ目の原則です。

これは、教室の場合「リピートをしてもらう」という事になります。

通ってもらう回数を増やすという事ですね。

たとえば、月2回のレッスンを、月3回に増やしてもらう、といった事も、

購買頻度を上げることになります。

 

原則4.購買点数を増やす

4つ目の原則は、購買点数を増やすことです。

 

たとえばメインコースがあって、それ以外に、単発イベントレッスンに来てもらったり、

メインコースと、それとは別のコースを横展開して、掛け持ちしてもらうといった方法ですね。

場合によっては、物販も絡めながらやったりするのも良いでしょう。

物品を買ってもらえるようなモデルになっている場合は、

購買点数が増える事になるからです。

 

たとえを挙げると、エステサロンがあります。

エステは、まず店舗に来てもらって、サービスを受けていただき、

それを家で維持するためのもの(化粧品)も買ってもらう、

という形になっている場合が多くあります。

 

価格もなかなかお高い場合が多く、(笑)

たとえば施術が1万円だったとすると、

ホームケア用品が、1万~3万円というケースも多かったりしますね。

 

それに加え、ホームケア用品といった、化粧品という領域になるものを、

エステティシャンと同じ量を使うと、2回くらいでなくなることもあったりします。(苦笑)

 

地味に高いので、エステは料金体系を作っていくのが難しいという部分もありますが、

こういった物販も、売上の大きな指標となります。

 

原則5.一点当たりの単価を上げる

5つ目の原則は、一点当たりの単価を上げることです。

これは単純に、一点当たりの単価がアップすれば、売上が勝手に上がっていくからですね。

ただ、女性起業家の方は、これが苦手な方も多くおられます。

 

基本的に、売上アップの原則は、この5つとなります。

全てを一気にやれば、成果が出る速度は当然、早くなります。

 

 

売上アップ、どこからテコ入れしていけば良い?

売上の構成がどうなっているかを考えた時、自宅教室といった事業の場合は、

「生徒数×レッスン単価×リピート」

これが売上の全てになるので、

取り組んでいく対策としては、

 

・生徒数を増やすのか

・レッスン単価を増やすのか

・リピート数を増やすのか

 

というのが、手を入れる基本原則となります。

 

それに加えて、流出客を減らす、横展開するといった、マイナスを減らす対策を合わせると

売上をアップさせていきやすくなりますね。

 

これは、どんな商売であっても言える原則なので、

売上を立てていきたい、あるいはもっとアップさせていきたい女性起業家の方は、

自分がこれをできているかを考えると良いでしょう。

 

売上アップ5つの原則を、ウェブでどう運用する?

それでは続いて、この5つの原則に当てはめた状態で、

ウェブをどう運用していくかについて、お伝えをいたします。

 

1.新規顧客を増やすをウェブ運用

これには、無料と有料の両方があります。

 

まず無料と呼ばれるものとしては、SNSが挙げられます。

Facebookやインスタグラム、アメーバブログ、場合によってはTwitterといったツールですね。

あとは、ポータルサイトと呼ばれるサイトに登録するのも、

無料でできる施策となります。

 

有料の施策としては、基本的に広告になります。

Googleのアドワーズ広告や、Yahooの有料広告などなどですね。

Facebookやインスタグラムにも、有料広告があります。

 

アナログ広告になると、

新聞の折り込みチラシや地元タウン誌、雑誌などもあります。

 

ただやはり、成果が出やすいのはウェブですね。

 

このように、まず新規顧客を増やすという場合に、無料と有料のものがありますので、

初期の頃は、無料のもので頑張ってみるのが良いでしょう。

成果が出て、資金が回るようになれば、有料のものを増やしていく、

というイメージです。

 

2.流出顧客を減らすウェブ運用

これは、Youtubeや手はがき、LINE@といったものを使うのがオススメです。

流出顧客にもいろいろなケースがありますが、

「飽きちゃった」という理由はもう仕方ないとして、

「自分はお客さんとして見られていないよね」「構ってもらえてないよね」と、

寂しさを感じて去っていく人もいます。

 

ですので、たとえば動画を使うと、自分の顔を相手に見せることになるので、

たまに「最近はどうですか」といったメッセージも送れます。

 

他にも、LINE@なんかもオススメです。

メールを送るとなると、「ちゃんと書かなくちゃ」となりますが、

LINEだと、気軽なコミュニケーションができますね。

 

3.購買頻度を上げるウェブの対策

これは、来てもらう回数を増やすことになるので、

メインコースを作って運用している場合は、イベントレッスンをやる、といった形になっていきます。

 

企画を作って、来てくれる回数、会う回数を増やすという事ですね。

イベントを立てて、その告知をウェブでやっていく形になるケースが多いと思うので、

まず、イベントを魅力的に仕上げることが必要になります。

 

そして、それをスピーディーに告知して集客をすることになるので、

企画力と、コピーライティングが重要となるでしょう。

 

4.購買点数を増やすためのウェブ対策

購入点数を増やすという事になるので、コースや講座を作って運用している場合には、

そのコースや講座を受講している人が、喜びそうな別のコースを作って提案をしたり、

先ほどもご紹介した、エステサロンのケースのように、関連商品を売っていくのも良いでしょう。

 

5.料金を上げるには、覚悟を決めることが大切

5つ目の原則となる「単価を上げる」という対策は、とても大切なのですが、

教室運用をされているような女性の先生が、特に苦手な部分でもあります。

なぜなら、顧客離れが起こるからです。

もし、料金を上げた状態で、新規顧客を集められるようになっていれば、

先生は当然、楽になっていきます。

同じ生徒数なら、単価が高い方が、より売上はアップしますね。

 

もし教室運営をボランティアでやっているなら良いのですが、

基本は収益化をしていかなくちゃいけないので、

しっかり黒字が出ていないなら、どこかで運営方針を変えなくてはいけません。

 

つまり、どこかで顧客離れが起こることを覚悟し、

腹をきめないといけない、という事です。

 

私がこの部分を強調する理由はいくつかありますが、

「毎月3万円~4万円の赤字を出し続けながら運営している教室」

というケースがある事も、知っています。

 

そして、その赤字が家族にバレないように、必死にやっている人もいるのです。

 

自分らしく起業するなら、利益に対してしっかり向き合いましょう

毎月の赤字が家族にバレないよう、必死にやっちゃうくらいなら、

顧客離れを覚悟して、価格を上げた方がいいです。

 

たとえば、レッスンが土日にあると、

その時間に旦那さんに家を出ててもらうよう、お願いすることもあると思います。

 

せっかくの休みに家を追い出される格好になる旦那さんとしては、

やはり不満が募りますので、

「じゃ、それでいくら稼いでるんだ」と言われる時が、必ず来ます。

 

その時、「これだけ稼いでいて、家にこれだけお金を入れている」と、

ちゃんと見せることができればいいのですが、

そうやって旦那さんが家を出ているのに、家に入れているお金がゼロ、

あるいはマイナスで持ち出しているとなると、

当然、ケンカになります。(苦笑)

 

そういった、「利益が出ていない状況」というのは、

ビジネスではなく、趣味の領域だと思われてしまって当然なのですね。

 

ですので、「適正価格にするとお客さんが離れる」と思っている人は、

そもそもの教室運営を見直す必要があると思います。

 

価格を上げると離れてしまう、新規が見つけられない、というなら、

それだけ魅力的な教室になっていないという事なので、反省する必要もあるでしょう。

 

 

ライバル、新規参入が増えている

教室に関して言えば、自宅教室にせよ、大手の習い事教室にせよ、とても数が増えています。

大手がやっているような内容と同じなら、

やはり安心感のある大手を選びますし、

何ら特徴のない普通の教室なら、選ばれることもなくなっていくでしょう。

 

世の中になくて、行ってみたいと思う教室にするのが、

単価を上げるポイントとなります。

そのためには、ちゃんと作り込みをして、ちゃんと集客をする必要があるのですね。

 

最初にそうった対策をキチンとしていれば、上手くいくでしょう。

ここは、みなさんが苦手なところでもありますが、やはり、とても重要な部分でもあるのです。

 

売上の5原則とウェブ運用のまとめ

さて今回は、まず売上には5つの原則があって、

それに連動するウェブの運用術があることをご紹介いたしました。

 

まとめると、

 

1.新規顧客を増やす

2.流出顧客を減らす

3.購買頻度を増やす

4.購買点数を増やす

5.単価を上げる

 

これに絡めてウェブを運用すると良い、という事ですね。

 

もし思うように売上が出ていない、

利益がキチンと出せていないという場合は、

現状を見直すためにも、ぜひ、ご参考にしてみてください。

 

今回の記事を、動画でご覧になりたい方はコチラ

 

友だち追加

飛常識な教室集客コンサルタント高橋貴子

LINE公式アカウント

ご質問もお気軽に 1:1トークで高橋貴子と直接対話

 

 

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

ピックアップ記事

関連記事一覧